乳酸菌と腸内細菌はその菌種と元々の生育場所が異なる微生物です。

乳酸菌の多くは野外の植物の葉などに付着生育していますが、搾乳時などに乳に混入してその内の乳の糖質(ラクトース)を分解できるものがヨーグルトなどの乳製品に利用されました。その種類は多くなく、また有用な菌種となるとさらに数は限られたものになります。現在、世界中で使用されている乳製品乳酸菌で自然界では、最早発見されない菌種が多いと言われます。

一方、腸内細菌は人間や動物の腸内に常住している微生物です。その種類は現在、わかっているもので数十種類です。そして腸内におけるこの菌の数は天文学的な数で、糞便1gあたり約1000億個になります。1日の糞便量150gとすると15兆個になります。

この腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、そしてビフィズス菌などが良く知られていますが、それについては追々、説明していきたいと思います。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp