タイトル「ヨーグルトの乳酸菌(12.11.9)では、一般に乳酸菌は糖質を代謝して乳酸をつくる微生物と定義しました。しかし、これでは不十分なところがあります。

というのは実は大腸菌の中にも糖質を代謝して乳酸をつくるものがいるのです。

そこで、学校で習ったことがある方もいると思いますが、グラム染色法という方法で分けられます。顕微鏡で微生物を観察するときに用いられる染色法ですが、クリスタルバイオレット液という染色液に染まる(濃紫色)ものをグラム陽性菌、染まらないものをグラム陰性菌といいます。

乳酸菌はグラム陽性菌で、大腸菌はグラム陰性菌です。

乳酸菌は糖質を代謝して乳酸をつくるグラム陽性菌ということになります。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp