一般に乳酸菌というのは糖質(グルコースなど)を代謝して乳酸をつくる微生物と定義されます。そして糖質としてグルコースを代謝できる乳酸菌は自然界にたいへん多く存在します。しかし、乳にしか存在しない糖質のラクトース(乳糖)を代謝できる乳酸菌となると種類は限られます。種の単位で言えば50種位です。

現在、自然界からこのラクトースを代謝できる乳酸菌(今後これを乳製品乳酸菌と呼ぶことにします。)はこれ以上発見されないと言われています。

ヨーグルトはこの貴重な乳酸菌を使用しているわけです。

この貴重な乳酸菌については追って説明して行きたいと思います。

<プランツのホームページ>  www.plants-m.jp