「ビフィズス菌はどこから赤ちゃんや成人のおなかに入ってくるのでしょうか」

赤ちゃんは母体の羊水の中にいるときは無菌です。出産のときに初めて外界の細菌に触れます。多くの女性の膣(産道)にもビフィズス菌がいます。これらが出産時に赤ちゃんの口や肛門から入って母乳によって腸内で選択的に優勢になると思われます。また同じ産院で生まれた赤ちゃんは同じ種類のビフィズス菌になることが多いと言われています。

成人の場合も同じで、その人の環境(食物など)からおなかに入ってその人にあった特有のビフィズス菌を含めた菌叢が出来上がるものと思われます。特有の菌叢は食物、からだの生理機能、腸内細菌相互間の拮抗や共生などが絡み合ってできるのでしょう。

そしてハツカネズミを使った実験では乳成分を与えたものと乳成分の入っていない飼料のみを与えたハツカネズミでは、乳成分を与えたハツカネズミの方が腸内のビフィズス菌が多いことがわかっています。やはり腸内のビフィズス菌には食物として乳成分がある程度必要と思われます。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp