「ビフィズス菌の分類上の定義と種類」

ビフィズス菌は乳酸菌の1種と考えられますが、一般の乳酸菌とは発酵(代謝)の形式や形態が少し違います。

発酵形式では、一般の乳酸菌が糖代謝において50%以上の乳酸を生産するのに対してビフィズス菌は乳酸の生産量が50%未満でそのかわりに酢酸がそれ以上に生産されます。形態においては一般の乳酸菌が桿菌と球菌に分類されるのに対して独特な形態(Y型等)を示します。

またビフィズス菌はヒト型ビフィズス菌と動物型ビフィズス菌に分けられます。更にヒト型ビフィズス菌は乳児型ビフィズス菌と成人型ビフィズス菌に分けられます。

現在、ヒト型ビフィズス菌は約5種類、動物型ビフィズス菌も約5種類知られています。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp