赤ちゃんが母乳を呑みはじめるとビフィズス菌が腸内で急激に増加するのは、外界の細菌等に対してまだ抵抗力の少ない赤ちゃんを守るために、母乳がビフィズス菌を増やして腸内のPHを下げる等により他の細菌を制御するためと考えられます。

赤ちゃんの抵抗力がつき、離乳期になりますと他の細菌との調和のとれた腸内菌叢となってきます。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp