赤ちゃんが母乳を飲み始めると(生後5日目頃から)ビフィズス菌が急激に増加します。赤ちゃんの腸内で最優勢菌となります。そして離乳期を迎え普通の食事に切り替えられていくとビフィズス菌の比率が減ってきます。

このことは、母乳の中にビフィズス菌を増やす何かがあると言えそうです。この何かをビフィズス因子と言います。しかし、このビフィズス因子についてはまだ、完全には解明されていないようです。

また、この母乳を飲んでいる時のビフィズス菌と離乳期以降のビフィズス菌は種類が異なるとも言われています。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp