B細胞とアレルギー

やっとアレルギーに到達したといったところです。免疫の説明には専門用語が多く、どうしても難しくなりがちですが簡単に説明していきたいと思います。

B細胞の抗体として働くタンパク質を免疫グロブリン(Ig:Immunoglobulin)といいます。このIgが抗原(バクテリアや花粉など)に特異的に結合して免疫やアレルギーを発生させます。

Igには5種類あって、それぞれ異なった働きを持っています。そのうちのIgEがアレルギーを起こすと言われています。IgEは元々は寄生虫などに反応してできます。正常な人だと生産はある程度で治まりますが、免疫のバランスが崩れると大量にできてアレルギー体質になります。

アレルギーの発生のメカニズムは次のように考えられます。人体組織にはIgEと強く結合する受容体(肥満細胞、マスト細胞など)があって、この受容体細胞に再び花粉などの抗原が接触するとこの細胞内にヒスタミンなどの刺激物質ができます。それらが皮膚、気管支、粘膜細胞などに働いてアレルギーが起こります。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp http://store.shopping.yahoo.co.jp/plants-store/