T細胞について

T細胞の指令すなわち他の細胞に情報を与える活性因子物質をサイトカインと言います。B細胞に抗体合成を指令するのもサイトカインの働きによるものであり、このサイトカイン活性のあるT細胞をヘルパーT細胞と呼びます。

そしてウイルスなど細胞内に寄生する微生物の排除を行うサイトカインを持つT細胞をキラーT細胞と呼びます。

サイトカインはインターロイキンやインターフェロンそして細胞増殖因子、分化因子、造血因子などさまざまな細胞を活性化させる物質の総称と言えます。T細胞はこのサイトカインの働きによって多様な機能をもっています。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp