免疫においては「自己」と「非自己」という言葉がよく使われます。

「自己」とは自分すなわち自分本来の細胞組織と考えてよいと思います。「非自己とは自分以外のもの、すなわち体内に入り込む異物としての細菌、ウイルス、ガン細胞、花粉などです。

免疫とは、この「非自己」に対して多様な免疫細胞が協力して行う排除作戦と言えます。

ただ、この排除作戦(免疫反応)は非常に複雑で「自己」をも攻撃するような病的な生体反応を起こすことがあり、これを一般にアレルギー反応(過敏症)と呼んでいます。そして遺伝的な背景をもったアレルギー性過敏症をアトピー(atopos)と言います。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp