ヒトの免疫を含めた生体防御システム全体を考えてみますとまず皮膚があります。

皮膚は外界と人体内部を区別する強力なバリヤーとしての役割を持っています。ほとんどの微生物はこれを超えて体内に入り込むことはできません。この皮膚の下部に体液(リンパ液や血液など)により運ばれてくる免疫細胞が控えています。

皮膚に対して大腸を含めた消化管等の粘膜には皮膚のような外界と区別する強力なバリア作用はありません。しかし粘膜の外面は常に粘液で覆われています。この粘液と粘膜上皮の下部に強力な免疫細胞があります。

消化管は人体最大の免疫臓器と言われています。

ヨーグルトはこの消化管の免疫に関係が深いと考えられます。

<プランツのホームページ> www.plants-m.jp