ヨーグルト容器に特殊な素焼きの容器(マコーニの壺)を使うことにより発酵中に水分が減って濃密なヨーグルトができます。

この濃密マコーニヨーグルトは水切りヨーグルトと違い乳清も濃縮されたコクと旨味のあるヨーグルトです。そのまま食べて良し、パンにぬったりのせたり毎日のヨーグルトメニューが拡がります。

牛乳から直接、濃密マコーニヨーグルトを作る方法

howto1_01

【ご用意していただくもの】

  1. マコーニの壺
  2. クッキングシート(市販品)
  3. マコーニ純正種菌
  4. 牛乳(成分無調整)
  5. マコー二ヨーグルトメーカー

作り方

濃密マコーニヨーグルトを作る方法
  1. クッキングシートは30cm四方にカットします。
  2. マコーニの壺(よく洗浄して乾燥してあれば殺菌の必要はありません)をクッキングシートで包みヨーグルトメーカーにセットします。
  3. セットしたマコーニの壺に牛乳(新しく開封したもの)を入れます(約8分目)。
  4. 牛乳中に熱湯殺菌済のスプーンと種菌(1包1.5g)を入れます。
  5. スプーンで攪拌して、種菌を溶解してからスプーンを取り出し壺のフタを閉めます。
  6. ヨーグルトメーカーのフタを閉めて電源を入れます。発酵時間12時間~16時間で牛乳が固まり発酵が終了します。
  7. 発酵が終了しましたらクッキングシーチの端を持って壺をヨーグルトメーカーから取り出します。小皿などにのせて冷蔵庫に移して約3時間で出来上がりです。尚、発酵終了後のクッキングシートやヨーグルトメーカーの内部には水滴がついていますのでフキン等で拭いてください。クッキングシートはその後、数回は使用できます。
  8. マコーニの壺に入れたまま冷蔵庫で保管しますと、ヨーグルトはさらに濃縮されて濃密に なります。冷蔵庫では、2週間は保存しても 品質上問題はありません。

マコーニの壷の洗浄方法【重要】

マコーニの壷の洗浄方法
  1. 使用したマコーニの壷は、中性洗剤を使用してぬるま湯でよく洗ったあと、真水に一晩浸けます。(d)
  2. 洗浄が終わったマコー二の壷は、よく乾燥させて室内に保管します。
  3. この方法で洗浄・乾燥すれば素焼き陶器にカビなどが発生しません。

濃密マコーニヨーグルトの成分組成

以下のデータから濃密マコーニヨーグルトは濃縮中にタンパク質の減少はほとんどなく、免疫グロブリン等の水溶性のタンパク質(ホエー中のタンパク質)の減少もなかったと思われます。

一般財団法人日本食品分析センターの分析値

成分組成 水分 全固形分 タンパク質 全固形分中のタンパク質
濃密マコーニヨーグルト 86.3% 13.7% 3.6% 26.2%
マコーニヨーグルト 87.5% 12.5% 3.3% 26.4%
ホエー(乳清) 0.3%