マコーニヨーグルトは、ご家庭で手軽に作れる自家製ヨーグルトです。マコーニヨーグルトの作り方をご説明します。

ご用意していただくもの

ご用意していただくもの
  1. マコーニヨーグルト純正種菌:1包(1.5g)
    • 種菌粉末は1回につき1包使います。
    • 未開封の種菌は、冷蔵庫(10℃以下)で保管してください。
    • 未開封での使用期限はセットの裏面に記載しています。
  2. 牛乳(未開封の新鮮な成分無調整の牛乳)800ml
  3. 専用ヨーグルト容器(800ml)
    • 1回で800mlのヨーグルトができます。
  4. マコーニヨーグルトメーカー
    • 37℃に設定されています。
専用ヨーグルト容器の殺菌方法

専用ヨーグルト容器の殺菌方法

【電子レンジによる殺菌】

  1. 専用ヨーグルト容器に約100mlの水を入れ、内フタと外フタを乗せて、電子レンジに入れます。(a)
    • 容器のフタは乗せるだけで、閉めないでください。
    • 出力500W〜600Wの場合、3分間。
    • 出力800Wの場合、2分間 電子レンジにかけます。
    • 途中1〜2分で水が沸騰し、蒸気が発生します。
  2. 電子レンジが終了しましたら、しばらく放冷したのち残った水(熱湯)を捨てます。(b)
    • 容器内部やフタに手指が触れないように注意してください。
  3. 殺菌が終わった容器はフタを閉めて室内に保管します。

【煮沸による殺菌】

  1. 専用ヨーグルト容器本体および容器の内フタと外フタを大鍋等に入れ、水を満たして火にかけます。水が沸騰してから5分間保持して殺菌します。(c)
  2. 殺菌後は熱湯を捨て、熱湯に浸して殺菌したスプーン等を使用して鍋から内フタと外フタおよび容器本体を取り出し、すばやく水気を取ってください。(d)
    • 容器内部やフタに手指が触れないように注意してください。
  3. 殺菌が終わった容器はフタを閉めて室内に保管します。

ヨーグルトの作り方

howto_03
  1. 殺菌の終わった専用ヨーグルト容器に新しく開封した牛乳を約800ml(容器の8分目)入れ、すぐに内フタをして雑菌の混入を防ぎます。(e)
    • 牛乳を入れた専用容器は、内フタをしないまま放置しないように注意してください。
  2. 牛乳の入った専用容器の内フタを持ち上げて、専用容器に種菌粉末1包を全量入れます。(f)
    • 容器内部や内フタの内側に手指が触れないように注意してください。
  3. 内フタと外フタをしっかり閉めてから専用容器ごとよく振って種菌を分散させます。(g)
    • 4〜5回振れば十分です。
  4. 牛乳と種菌の入った専用容器をヨーグルトメーカーにセットします。ヨーグルトメーカーのコードをコンセントに差し込むと電源が入り、赤ランプが点灯します。(h)
    • 12時間〜16時間で牛乳が固まり、はっ酵が終了します。
    • 季節によって固まる時間が異なります。
  5. 牛乳が固まりましたら、ヨーグルトメーカーから容器を取り出して冷蔵庫に入れてください。
    • 冷蔵約3時間でおいしいマコーニヨーグルトができあがります。
  6. できあがったヨーグルトには、容器側面にできあがった日付を記入した「日付シール」を貼っておくと大変便利です。(i)
    • 500mlの牛乳で作った場合、はっ酵時間は約2時間短縮できます。

夏季(常温27℃前後)にヨーグルトメーカーを使用しないで作る方法

ご用意していただくもの

  1. 牛乳(未開封の新鮮な成分無調整の牛乳)500ml
  2. マコーニヨーグルト種菌1包(1.5g)
  3. 熱湯消毒したフタ付き容器
  4. 熱湯消毒したスプーン

作り方

  1. 熱湯消毒した容器に牛乳を500mlいれます。
  2. 冷たい牛乳(500ml)の場合、電子レンジ(600W)で2分間温めてから使用しますと(電子レンジ用容器使用)はっ酵が早くなります。(約24時間)
  3. 注ぎ終わった牛乳にマコーニヨーグルト種菌1包(1.5g)をいれ熱湯消毒したスプーンでよくかき混ぜ種菌を溶かしてください。
  4. このとき種菌が塊になった場合は、容器の壁にスプーンで塊をつぶしてからよくかき混ぜてください。
  5. 容器にフタをしてそのまま常温(室内)で24時間から48時間はっ酵させてください。
  6. 牛乳が固まりましたら冷蔵庫に移し、3時間から4時間で出来上がります。

ヨーグルトを作る上での注意点

  • 種菌は家庭では冷蔵庫に保管し、使用時には1包全量を使用してください。
  • ヨーグルト容器やスプーン等はよく洗浄し、説明書に記載された方法で殺菌消毒してから使用してください。
  • はっ酵終了までの操作においては、特に衛生面に注意してヨーグルト容器内部や使用する牛乳等に、手指が極力ふれないように注意してください。
  • 使用する牛乳は種類別:牛乳の表示がある「成分無調整」を使用してください。
  • できあがったヨーグルトは表面をスプーンで軽くまぜると少し粘りけが出てヨーグルトが安定します。
  • できあがったヨーグルトは冷蔵庫に保存して2週間以内を目安に早めにお召し上がりください。